山長商店
コンテンツ

山長商店

山長商店
  • 山長の歴史
  • ごあいさつ
  • 環境方針/品質方針
  • 環境問題に対する姿勢
  • 地域社会への取り組み
  • 榎本長治対談集
  • メディア掲載
  • 木材の生産・流通システム

山長の歴史




山林収利簿
先人が残した「山林収利簿」。ここに刻まれた詳細な記録は、
  まさに山長の森で育つ木々の1本1本の履歴書であり、紀州・山長材の証しでもあります。


が林に育ち森になる。
江戸末期、育林事業に着手。山長の歴史はここから始まります。


土の約70%近くが森林といわれる日本列島、なかでも当地「紀州・和歌山県」は県全土の約80%を森林が占める文字どおり“山”の県として知られています。
その紀伊半島に広がる自社所有林は、おおよそ6000ヘクタールにもおよび、個人としては日本有数の山林です。
江戸時代末期から始まった育林事業は、当社の礎をなす基幹事業で、建築素材として「紀州杉、紀州桧」いわゆる「紀州材」を守り育てています。


州材の品質は、よじれのない素直な気質が特徴で、
しかも強度特性にすぐれた目の詰まった高樹齢材が中心で各方面から高い評価を得ています。
こうした優良な紀州材は、古くは江戸に運ばれ、江戸屋敷の建造に使われた記録が残っています。
また、地元では高野山をはじめ京都・奈良の寺社の建立に用いられたといわれています。


山長9代目当主、(株)山長商店創業者 榎本長平

のように永年にわたって積み重ねてきた実績から、植林・製林技術にすぐれた紀州材の銘柄が生まれ、
老舗産地として全国的に高い評価をいただくまでになりました。
その中で私ども山長商店は「山林の恵みを通して、人々の幸せと豊かさの実現に寄与する」ことを経営理念とし、先人たちの尊い汗の結晶である紀州の山林を皆様の暮らしに活かすべく、山林経営から伐採・製材・乾燥・プレカット加工までを自社で手掛ける一貫事業体制のもと、住まい手の皆様の安全と安心のために日々歩んでまいりました。

 

州の森、山長の森???今までも、そしてこれからも、緑深い紀州の地より、すくすくと育つ良質な紀州材の安定供給に努めてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

株式会社山長商店 和歌山県田辺市新庄町377 Tel.0739(22)2605