知ってほしい林業のこと。山長商店×神島高校、紀州材の未来を語りました。

イベント

第1回 神島高校で林業の課題を講義しました。

神島高校にて山長商店の迫平がお邪魔し、日本における林業の歴史をはじめ、田辺市が林業の盛んな地域であった事を高校生のみなさんに紹介しました。

担い手不足や木材の活用方法など、林業が抱える課題はたくさんあります。
身近な存在でなくなってしまった紀州材の未来について、若い意見を募りました。
高校生からは木材の新たな利用方法として、木製のジャングルジム、ペン、エレベーターの内装に使用するなど、地域全体で林業を発展させるための意見を聞くことができました。

 

ワークショップでは、びゅんびゅんごま作り体験を行いました。
神島高校はこの取り組みを通して、紀州材を使った商品開発を目指し「高校生ビジネスプランコンテスト」への応募を検討しているそうです。商品は、来年、田辺市で開催される「木育キャラバンin田辺市」に展示予定です。

 

第2回 神島高校のみなさんを、工場へお招きしました。

日時 2018.7.30 山長商店(工場)

神島高校の生徒さんを実際に山長商店の工場見学に招待しました。

丸太の選別、皮むき、製材、乾燥、品質チェック、プレカット加工など、山から切り出した原木が、柱や梁になる工程を見学しました。。

また、製造過程で出る使われない木材の利用方法などについても質問がありました。
丸太が柱になる工程を見られてよかったなど、初めて見る光景に圧倒されたという声が聞かれました。

 

第3回 いざ山へ! 育成林をご案内しました。

日時 2018.8.7

工場見学の興奮も冷めやらぬ翌週、高校生のみなさんを林業の現場へご案内しました。
スギ、ヒノキの成長の仕方や分布している場所、見分け方などを学んでいただきました。

 

雨天のため、残念ながら、伐採や植林といった仕事の様子は見学できませんでした。
杉林の中で昼食をとり、山に入るのが初めてなのでたのしい、という生徒さんもいました。

「高校生ビジネスプランコンテスト」での入賞に、我々も期待しています。がんばってください!

山長商店