シャッターが閉まりがちな商店街を元気に!田辺エキストラ商店街に出店しました。

イベント

田辺駅前商店街を元気に!

紀伊半島をぐるっと一周する紀勢本線。和歌山側のちょうど中間あたりに位置する駅が紀伊田辺駅です。 世界遺産の「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部である闘鶏神社にほど近い紀伊田辺駅は、熊野古道への入り口として、訪れる人も増えてきました。ただ、駅前の商店街まで足を運ぶ観光客はまだまだ少なく、駅前商店街は閉まったシャッターも目立ちます。元気に営業しているお店もたくさん残っている中で、閉まったお店があるのはもったいない、ということで開催されたのがこの「田辺エキストラ商店街」。今回は2回目の開催です。

 

この日だけ特別に集まるエキストラ店主たち。

いつもは閉まっているお店を1日お借りして、普段は別の場所で営業しているお店や店舗を持たないお店が駅前商店街でお店をオープンさせます。魅力的なお店がたくさん。 外国人宿泊客が増えてきているというゲストハウスThe CUEさんは先日カフェバーをオープンさせて、ジビエバーガーを販売開始しました。その人気のジビエバーガーは早々に売り切れ。 先日、2018ビアワングランプリフェスティバルでダークカラービール部門の部門賞を受賞した「ボイジャーブルーイング」さん。掘忠商店さんは、田辺のお酒として「關の葵 交(せきのあおい こう)」をこのイベントで販売を開始。 そのほかにも、田辺の魅力的なお店がたくさん集まって、魅力的な1日商店街となりました。

 

他では体験できない「屋台の組立体験」!

数々の魅力的なお店が並ぶ中、山長商店が出店したのは「屋台の組立体験」。実は密かな人気を集めている山長商店の屋台。まだ一般販売はしていませんが、近々皆様にお目見えすべく、開発を進めています。その屋台の組立を体験してもらおうというこの企画。 大きな車輪がチャームポイントのこの屋台には、4段の棚がついていて、何を並べようか考えるだけでもワクワクしてきます。 紀州材で作られた屋台に触れながら、パズルのように組み立てる体験は、大人も夢中に。

 

もちろん大人気のつみきゅコーナーや木のボールプールも。

いつも大人気のつみきゅや木のボールプールのコーナーには、自然と子供達が座っています。 つみきゅコーナーの床に敷いたのも紀州材。柔らかく体を支えてくれる紀州スギの上で快適そう。 小さなお子さんはつみきゅ、小学生になるとつみきゅスリムが人気。 大人が何も言わなくても、子供たちは自由な発想で自分たちの作りたいものを作っていきます。 つみきゅについての詳細はこちら https://yamacho.official.ec/items/9485763

 

たな博でも人気だったびゅんびゅんごまも。

熊野トラベルで山長の木材をご覧になれます。

今回エキストラ商店街が行われた田辺駅前商店街には「熊野トラベル」という観光客のインフォメーションセンターがあります。宿やツアーの予約など熊野古道を中心とする旅の相談ができる熊野トラベルの店舗には、山長商店の木材をふんだんに使っています。

店内は木の柔らかな雰囲気でいっぱい。

ヤタガラスのモチーフも端材を利用して。

紀伊田辺にいらした際には、ぜひ駅前商店街も散策してみてください。今回のエキストラ店舗だけではなく、毎日営業しているお店にも、熊野トラベルをはじめ、田辺の美味しいものや素敵なお店がたくさんあります。

 

山長商店