キノマチ会議 リアル版 ~工場編~

イベント

【キノマチ会議 リアル版 ~🌲工場編~】

木の街が生まれることで、広がる未来の可能性。

カギは、森と街がつながる「しくみ」。

「持続可能なまちを、木でつくる」をコンセプトに、

「NPO法人グリーンズ」と「株式会社竹中工務店」がタッッグを組み

情報発信(木のまちを本気でつくる未来会議 通称:キノマチ会議)をしています。

10月上旬には、「木のまちを本気でつくる仲間」を求めて

われわれ山長商店がある田辺市に有志が集まりました。

山長商店所有の「山」と「製材現場」を体感してもらい

参加者全員で、「循環型のまちを木でつくる」には?を話し合いました。

地球は今、経験したことのない問題に直面しています。

問題が問題をよび、原因が複雑に絡まっており

解決をするには、多方面からのアプローチが必要になってきました。

急務はやはり

使いすぎるエネルギーをどうやって抑えるか…。

再生可能エネルギーをどのように生み出すか…。

世界中が危機感をもって取り組みはじめています。

こうした流れをうけて、ゼネコンである「竹中工務店」が取り組んでいるのは

「木造建築」で「木のまちをつくる」こと。

建築物に地方の木材を使用し、自社で開発した耐火部材「燃エンウッド」を躯体に使用。

木造建築の規模を「街」にまで広げ、街そのものと自然資源を循環させる

「森林グランドサイクル」の実現に力を注いでいます。

しかし、このビジョンを「本気」で実現しようと思えば、自分たちだけでは無理です。

竹中工務店は、共に行動できる仲間を求めて

今回、「木の国」でもある和歌山県にやってきました。

紀州の木材を暮らしに活かし、

「首都圏に第二の森をつくる」ことを理念にかかげている我々山長商店も

竹中工務店の考えに共感し、今回の呼びかけに賛同・協力しました。

今回、参加者の皆様と共に

山長商店の山林と製材工場をめぐり、我々が得られたこと。

それは我々が身を置く、「林業」が抱えている「課題」を知っていもらえた事。

地方の森と街がつながれば「持続可能な循環型社会」が可能である事。

大きな学びと可能性をいただきました。

今回の「キノマチ会議リアル版」に参加された方々は

工務店、循環型農業に関心のある学生、ジュエリーデザイナー

ライター、建築家、イラストレーター…と様々でした。

また、これから「山長商店」の木材を使って

東京に新居を建てられる方もいらっしゃいました。

大きな問題に「本気」で立ち向かう時…答えはなかなか出ないものです。

進むにつれ、出てくるものは「問い」ばかり。

でも、仲間がいれば知恵を出し合い、つながることで問題は解決できます。

林業に身を置く地方の一企業として、

皆様が当事者意識を持ってくださった事を、とても心強く感じます。

和歌山県田辺市から「問い」をお土産にして、

皆様の、それぞれの物語のスタートとなりました。

「キノマチ会議リアル版vol.2@長野」

https://peatix.com/event/1368283

竹中工務店webサイト

https://www.takenaka.co.jp/enviro/feature/02/

森林のグランドサイクル

https://www.takenaka.co.jp/solution/needs/design/service23/index.html

耐火修整剤「燃エンウッド」

https://www.takenaka.co.jp/enviro/feature/04/

山長商店YouTube

山長商店