Home

LEON 15th

コンテンツ

山長商店

木の家に住むということ
  • 木の家で暮らす
  • 木は燃えるから弱い?
  • 家の柱ご存知ですか?
  • どんな木材がいいの?
  • お勧めの木材防蟻処理

美しい紀州材の家

  • 美しい紀州材の家Index

木は燃えるから弱い?



は燃えやすくもろい」という印象を持っていませんか。

実は、木は軽くて、しかも鉄より強くて、火災にも強いんです。

 


材の方が鉄より強い」というとびっくりですか? でも、本当です。

木は重量が軽いので、住宅を建てるときに運搬費が安い、現場での組み立てが容易などのメリットがあります。
さらに、同じ重さの他の材料と比較してみると、木は鉄やコンクリートより強い(強度がある)のです。
木は引っ張りの強さでは、コンクリートの約200倍、鉄の4倍の強度を持っています。

ですから、木造の家はとても「地震に強い」のです。


 

 

して「木材の方が鉄より火に強い」というと、さらにびっくりするかもしれませんが、これも本当です。
確かに燃えやすいという欠点はありますが、
分厚い木材は表面は燃えても、芯まで燃えるのには時間がかかります。

これは実際に杉の燃焼実験を15分間行った写真です。
このように、表面は約 1~2㎝程度焼けていますが、それより内部には炎が通っていないことがわかりま す。
木は燃えると表面に炭化層ができ、その炭化層が空気をブロックするため、 表面は燃えても、木の内部までは燃えにくくなるのです。

逆に鉄は、それ自体は燃えませんが、火災で高熱にさらされると急激に強度を失って、グニャっと曲がって(メルトダウンといいます)しまいます。

ですから、太い木材でできている建物は、火災になっても、鉄骨より長時間熱にさらされても、崩れ落ちる可能性が低いと考えられているのです。

 

 

 

 

 

 

株式会社山長商店 和歌山県田辺市新庄町377 Tel.0739(22)2605